ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第3章 総 務 > 人 事 > 教 員
国立大学法人大阪教育大学大学院研究科担当教員の資格審査に関する規程
(趣旨)
第1条 大学院において研究指導,研究指導補助又は授業担当を行う教員(連合参加大学の教員を含む。)の資格審査については,国立大学法人大阪教育大学教員選考規程第7条第1項の規定により資格審査が行われる場合又は非常勤講師が授業を担当する場合を除き,この規程の定めるところによる。
(定義)
第2条 この規程において専攻とは,大阪教育大学学則第34条第3項及び第4項に規定する専攻をいう。
(資格審査の請求)
第3条 系主任は,資格審査の必要が生じたときは,大学院担当教員調書を添えて,各研究科長に資格審査の請求を行うものとする。
(審査委員会)
第4条 各研究科長は,前条による審査の請求があった場合,案件ごとに資格審査委員会(以下「委員会」という。)を設置する。
2 委員会の組織については,国立大学法人大阪教育大学教員選考委員会規程第3条各項の規定を準用する。
(議長及び議事)
第5条 委員長は,委員会を招集し,その議長となる。ただし,委員長に事故があるときは,委員長があらかじめ指名した者が議長の職務を代行する。
2 委員会は,委員の3分の2以上の出席がなければ議事を開くことができない。
3 委員会の議事は,出席した委員の3分の2以上の賛成で決するものとする。
第6条 委員長は,資格審査の経過及び結果を各研究科長に提出する。
(教育研究評議会への付議)
第7条 学長(研究科長)は,資格審査の結果を教育研究評議会へ付議する。
(資格審査の省略)
第8条 次の各号のいずれかに該当する場合は,資格審査を省略するものとする。
(1) 既にある専攻において専任としての資格審査を受け,その後,部門間移籍により他の専攻の専任となった場合の,元の専攻において担当していた同一教育研究分野内の授業科目について授業を担当する場合
(2) 既にある専攻において専任としての資格審査を受け,その後,部門間移籍により他の専攻の専任となり,その後,また元の専攻の同一教育研究分野内の授業科目担当者として専任復帰する場合
第9条 この規程に定めるもののほか,必要な事項は別に定める。
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成19年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,平成27年4月1日から施行する。ただし,大学院連合教職実践研究科の資格審査については,平成29年4月1日以降の資格審査から適用する。
附 則 
 この規程は,平成29年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,令和2年4月1日から施行する。