ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第8章 附属図書館
図書として取り扱わないものに関わる指針
附属図書館長裁定
平成16年4月1日
(趣旨)
1 この指針は,国立大学法人大阪教育大学図書取扱細則第3条ただし書きに基づき,国立大学法人大阪教育大学(以下「本学」という。)が取得する図書のうち有形固定資産としての「図書」として取り扱わないものについて定めるものである。
(定義)
2 本学が「図書」として取り扱わないものは,次の各号のとおりとする。
(1) 附属図書館が組織として管理しないもの
ア 卒業論文等
イ 附属学校園が所蔵する資料
(2) 教育・研究の用に供されないもの
ア 時刻表等の,事務用又は業務用として供するもの
イ 取扱説明書又はマニュアル類等の,直接的に教育・研究の用に供さないもの
(3) 教育・研究上一時的な意義しか有さないもの(取得時における使用予定期間が1年未満のもの)
ア 雑誌(ただし,製本雑誌は除く。)
イ 追録,継続購入のAV資料(内容が更新される追録的なもの),雑誌付録のAV資料
ウ 継続購入のCDROM又は追録等
エ ソフトカバーの辞書類(日常的に利用するもの)
オ ゼミ等で使用するために複数冊購入されるもの
カ 問題集,一枚物の地図又は練習用楽譜等
(指針の見直し等)
3 「図書」として取り扱わない具体的事例については,法人化進行に伴う各種資料の取り扱いに関わって,適宜見直すものとする。
 
附 則 
 この指針は,平成16年4月1日から施行する。