ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第9章 教育研究施設
大阪教育大学キャリア支援センター規程
 (趣旨) 
第1条 この規程は,国立大学法人大阪教育大学基本規則(以下「基本規則」という。)第16条で規定するキャリア支援センター(以下「センター」という。)の組織及び運営について定めるものとする。 
(目的)
第2条 センターは,大阪教育大学学生の職業観・勤労観を育て,職業に関する知識や能力・技能を獲得させ,自己の特性を理解して職業を選択していく能力と態度を育てるために,キャリア教育を含めて大学生活のあらゆる場での学生のキャリア・アップと職業選択を支援することを目的とする。
(業務)
第3条 センターは,前条の目的を達成するため,次に掲げる業務を行う。
(1) キャリア教育の企画立案・実施
(2) 就職ガイダンス・セミナー及び特別講座の企画立案・実施
(3) 就職指導・相談の実施
(4) 就職情報の収集・提供
(5) 就職に関する調査及び分析
(6) インターンシップに関する支援
(7) 卒業生に対する就職支援
(8) その他センターの目的達成に必要な業務
(職員)
第4条 センターは,次に掲げる職員をもって組織する。
(1) センター長
(2) 副センター長
(3) センター担当教員
(4) キャリア・アドバイザー
(5) 学生支援課長
(6) その他必要な職員
(センター長)
第5条 センター長は,センターの業務を掌理する。
2 センター長の選考については,別に定める。
(副センター長)
第6条 副センター長は,センター長の職務を補佐する。
2 副センター長は,センター担当教員の中からセンター長が任命する。
3 副センター長の任期は,2年とし,再任を妨げない。ただし,センター長の任期を超えないものとする。
(センター担当教員)
第7条 センター担当教員は,本学専任教員のうちから,センター長と系主任で調整し,系主任の推薦に基づき,全学センター統括機構長が任命する次の者で構成する。
(1) 高度教職開発系の教員       2人
(2) 総合教育系の教員         2人
(3) 多文化教育系の教員        2人
(4) 健康安全教育系の教員       2人
(5) 理数情報教育系の教員       2人
(6) 表現活動教育系の教員       2人
(7) その他,センター長が推薦する教員 若干人
2 センター担当教員の任期は,2年とし,再任を妨げない。
3 センター担当教員は,第17条各号に規定する部門のいずれかに所属し,センターの業務を処理する。
(キャリア・アドバイザー)
第8条 センターに,キャリア・アドバイザーを置く。
2 キャリア・アドバイザーは,教職員又は外部の有識者の中から,センター長が指名する。
(センター会議)
第9条 センターの管理運営に関する重要事項を審議するため,センター会議を置く。
(任務)
第10条 センター会議は,次に掲げる事項を審議する。
(1) センターの運営方針及び業務の推進に関する事項
(2) センターの事業計画に関する事項
(3) センターの活動評価に関する事項
(4) その他センターの重要事項に関する事項
(組織)
第11条 センター会議は,次に掲げる委員をもって組織する。
(1) センター長          
(2) 副センター長         
(3) 学生担当副学長
(4)  センター担当教員
(5) キャリア・アドバイザー 2人
(6) 学生支援課長
(7) その他必要な職員
2 第1項第5号の委員は,センター長が指名する。
3 第1項第7号の委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。
4 欠員により補充した委員の任期は,前任者の残任期間とする。
5 センター会議に委員長を置き,センター長をもって充てる。
(議長及び議事)
第12条 委員長は,センター会議を招集し,その議長となる。ただし,委員長に事故があるときは,副センター長がその職務を代行する。
2 センター会議は,委員の過半数の出席がなければ議事を開くことができない。
3 センター会議の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数の場合は議長の決するところによる。
(委員以外の者の出席)
第13条 センター会議は,必要と認めた者の出席を求め,意見を聴取することができる。
 (運営会議) 
第14条 センター会議の任務に関し専門的事項を処理させるため,センター会議の下に,運営会議を置く。
(組織)
第15条 運営会議は,次に掲げる委員をもって組織する。
(1) センター長
(2) 副センター長
(3) センター担当教員のうち,必要に応じて構成する。
(4) その他必要な職員
(業務)
第16条 運営会議は,次に掲げる事項を処理する。
(1) センターの事業計画に関する事項
(2) 各種調査・分析に関する事項
(3) 大学のキャリア支援及び就職支援についての評価及び将来構想に関する事項
(4) 各種大学推薦者の選考に関する事項
(専門部門)
第17条 運営会議の業務に関し専門的事項を処理するため,運営会議の下に,専門の部門を置く。
(1) 教員就職対策部門
(2) 企業・公務員就職対策部門
(3) 調査・分析部門
(教員就職対策部門)
第18条 教員就職対策部門は,次に掲げる事項の企画立案・実施に当たる。
(1) ガイダンス,セミナーに関する事項
(2) 教員採用試験のための面接指導,模擬授業,場面指導,実技指導に関する事項
(3) その他教員採用試験に関する事項
(組織)
第19条 教員就職対策部門は,次に掲げる委員をもって組織する。
(1) センター長
(2) 副センター長
(3) センター担当教員のうち高度教職開発系の教員    2人
(4) センター担当教員のうち総合教育系の教員      1人
(5) センター担当教員のうち多文化教育系の教員     1人
(6) センター担当教員のうち健康安全教育系の教員    1人
(7) センター担当教員のうち理数情報教育系の教員    1人
(8) センター担当教員のうち表現活動教育系の教員    1人
(9) センター担当教員のうちセンター長が推薦する教員
(10) キャリア・アドバイザー              2人
(11) その他必要な職員
(企業・公務員就職対策部門)
第20条 企業・公務員就職対策部門は,次に掲げる事項の企画立案・実施に当たる。
(1) ガイダンス,セミナーに関する事項
(2) 教育学習支援分野への就職に関する事項
(3) その他企業・公務員採用試験に関する事項
(組織)
第21条 企業・公務員就職対策部門は,次に掲げる委員をもって組織する。
(1) センター長
(2) 副センター長
(3) センター担当教員のうち総合教育系の教員      1人
(4) センター担当教員のうち多文化教育系の教員     1人
(5) センター担当教員のうち健康安全教育系の教員    1人
(6) センター担当教員のうち理数情報教育系の教員    1人
(7) センター担当教員のうち表現活動教育系の教員    1人
(8) その他必要な職員
(調査・分析部門)
第22条 調査・分析部門は,次に掲げる事項に当たる。
(1) センターが実施する各種調査の集計・分析
(組織)
第23条 調査・分析部門は,次に掲げる委員をもって組織する。
(1) センター長
(2) 副センター長
(3) センター担当教員のうちセンター長が推薦する教員
(4) その他必要な職員
(事務)
第24条 センターの事務は,学生支援課において処理する。
(その他)
第25条 この規程に定めるもののほか,センターに関し必要な事項は,別に定める。
 
附 則
1 この規程は,平成22年4月1日から施行する。
2 大阪教育大学就職支援実施委員会規程(平成16年4月1日制定)は,廃止する。
附 則 
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,平成29年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,令和2年4月1日から施行する。