ホーム > 大学紹介

規程集|国立大学法人 大阪教育大学

トップページに戻る
最上位 > 第4章 財 務 > 経 理
大阪教育大学毒物及び劇物取扱規程
(趣旨)
第1条 大阪教育大学における毒物及び劇物の取扱いについては,毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号。以下「法」という。)及びその他の法令等に定めるもののほか,この規程の定めるところによる。
(定義)
第2条 この規程における用語の意義は,次の各号に定めるところによる。
(1) 「毒物」及び「劇物」とは,法第2条に掲げるものをいう。
(2) 「系及び部局等」とは,別表のうち前号に定める毒物及び劇物を取扱うところをいう。
(管理体制)
第3条 系及び部局等に管理責任者を置き,系及び部局等の長をもって充てる。
2 系及び部局等に保管責任者を置く。
3 保管責任者は,当該系及び部局等の毒物及び劇物の取扱いの実情に応じて,管理責任者が当該系及び部局等の職員の中から指名するものとする。
(管理責任者の責務)
第4条 管理責任者は,系及び部局等における毒物及び劇物を適正に保管管理するため,次の業務を行う。
(1) 毒物及び劇物の取扱いに関し,総括的に管理監督すること。
(2) 毒物及び劇物の事故防止措置に関すること。
(3) 毒物及び劇物による危害発生又は危害発生のおそれがある場合の保健所,警察署,消防署等関係機関への届出に関すること。
(保管責任者の責務)
第5条 保管責任者は,保有する毒物及び劇物を適正に保管管理するため,次の業務を行う。
(1) 管理責任者の業務を補佐すること。
(2) 毒物及び劇物の受入,保管,使用,運搬,廃棄等に関すること。
(3) 職員及び学生等の使用者に対し,毒物及び劇物の安全な取扱方法について指導及び助言すること。
(使用者の責務)
第6条 毒物及び劇物を使用する者は,保管責任者の指導及び助言に従わなければならない。
(毒物及び劇物の取扱い並びに事故防止等)
第7条 管理責任者及び保管責任者は,毒物及び劇物の盗難及び紛失並びに保管設備の倒壊等の事故防止に努めなければならない。
(保管方法等)
第8条 毒物及び劇物は,地震,盗難等による事故防止のため,施錠設備がある部屋で,かつ,施錠ができる金属製ロッカー等の専用保管庫(以下「保管庫」という。)に保管しなければならない。
2 盗難等防止のため容器を収納した保管庫の扉は,必ず施錠しなければならない。
3 保管庫の鍵は,保管責任者が管理するものとする。
4 保管庫は床等に固定したり,保管庫の棚から毒物及び劇物の容器が転落するのを防止するための措置を講じなければならない。
5 保管庫内の毒物及び劇物で混合又は混触等による発火等の危害が生ずるおそれのあるものは,保管庫を別にし,又は保管庫内の配置を工夫する等危害防止について配慮するものとする。
6 毒物及び劇物の容器は,飲食物の容器として通常使用される物を使用してはならない。
(保管庫及び容器への表示)
第9条 保管庫及び容器には,外部から明確に識別できるよう「医薬用外」の文字及び毒物については赤地に白色をもって「毒物」の文字を,劇物については白地に赤色をもって「劇物」の文字を表示しなければならない。
(受払の記録)
第10条 保管責任者は,毒物及び劇物の受払いに当たっては,その都度別記様式の受払簿に受払いの内容を記載し,保管及び使用状況を明らかにするものとする。
(廃棄方法)
第11条 毒物及び劇物の廃棄については,法及び法施行令(昭和30年政令第261号)で定める廃棄方法の基準並びに大阪教育大学実験廃棄物等取扱規程に従い,適切に廃棄しなければならない。
(定期点検等)
第12条 管理責任者及び保管責任者は,毎年定期又は随時に,保管管理する毒物及び劇物の受払い状況を受払簿等により照合して確認するものとする。
(事故等の措置)
第13条 保管責任者は,保管管理する毒物及び劇物が盗難に遭い,又は紛失したときは,速やかにその旨を管理責任者に届け出て,その指示に従うものとする。
2 保管責任者は,保管管理する毒物及び劇物が飛散し,漏れ,流れ出し,しみ出し,又は地下等にしみこみ,保健衛生上の危害が生ずるおそれがあるときは,速やかに管理責任者に届け出るとともに,その危害を防止するための必要な応急の措置を講じなければならない。
3 管理責任者は,前二項の届出を受けたときは,速やかに保健所,警察署等関係機関に連絡するとともに,学長に報告するものとする。
 
附 則
 この規程は,平成19年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成19年12月26日から施行する。
附 則
 この規程は,平成20年7月1日から施行する。
附 則
 この規程は,平成22年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,平成24年4月1日から施行する。 
附 則 
 この規程は,平成29年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,平成30年2月7日から施行する。
附 則 
 この規程は,令和2年4月1日から施行する。
附 則 
 この規程は,令和3年4月1日から施行する。
 
別表(第2条関係) 

系及び部局等

 事務組織

 附属図書館

 初等教育課程

 教員養成課程

 教育協働学科

 教育学研究科

 連合教職実践研究科

 高度教職開発系

 総合教育系

 多文化教育系

 健康安全教育系

 理数情報教育系

 表現活動教育系

 保健センター

 学校安全推進センター

 地域連携・教育推進センター

 情報基盤センター

 教育イノベーションデザインセンター

 キャリア支援センター

 グローバルセンター

 修学支援センター

 附属幼稚園

 附属天王寺小学校

 附属池田小学校

 附属平野小学校

 附属天王寺中学校

 附属池田中学校

 附属平野中学校

 附属高等学校天王寺校舎

 附属高等学校池田校舎

 附属高等学校平野校舎

 附属特別支援学校